「ほっ」と。キャンペーン

ぺんぎん日記

記録。
by penguintankentai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ここに居ます。

書き続けるのは多分、それが一番の理由。
[PR]

by penguintankentai | 2008-07-29 20:10

その資格はあるのか。

考えてもしょうがないことをやはり考えてしまう。

治療期間や治療内容が重なって
全くの他人から会話を交わすようになって
落ち込んだときには励まして貰い
嬉しいことは一緒に喜んで貰った。

今、治療を続けている友が居る。

ぽつりぽつりと更新される日記に安心しつつも
時折彼女が漏らす言葉に
言葉を見つけられない自分が居る。

どんなでも変わらず居たいね。
そう話したのはそんな前の事じゃない。

あたしに資格はあるのだろうか。
治療のしんどさや心の重さを
今の彼女の状況を知らないあたしに
彼女に言葉をかける資格はあるのだろうか。

資格って何?と彼女なら言うのではないかと思いつつも
躊躇する自分は
まるで知らないからこそ言えた3年前とは違うのだ。

どんな言葉だってきっと。
こころの真っ直ぐを伝えられないのは
自分が自分を縛ってるからだろうか。
[PR]

by penguintankentai | 2008-07-23 23:09 | ひとりごと

夏の洋服は悩む。

どうやっても無理は無理。
鎖骨の5センチ下から右胸の真ん中あたりが凹んでる。
鎖骨のすぐ下には大胸筋が頑張ってるから
余計にその下の凹みが目立つ。

カバー出来る下着は今のところ見つからず。
カバーできるトップスは暑苦しくて着たくない。

先生に残った胸を半分移動してくれませんか?と言って
困らせたのはいつだっけ?
あの時から変わってないよ、気持ちは。

後は自分なりの工夫だ。
体も変えたくない。
既製品の洋服や下着は変えられない。

どうすれば胸が見えずに涼しい服装が出来るのか。
考えろ。
考えるんだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最近、思う。
自分が好きで着ている洋服だけど
娘達が「ママ、かわいいよ。」って言ってくれるのが嬉しいなって。

多分、今まで好きなように生きてきた。
誰かが良いと言ってくれる自分より
自分が好きな自分で居たいと動いてきた。

もう、意地を張らなくていいか。と思うことが増えた。
娘が好きでいてくれるママがいい。
かわいいね、ママって言われる言葉がとても嬉しい。

幸せだと感じるポイントが以前とは違うのは
生きていく時間を充実させたい。

生きている間にしか出来ないことがあるんだよね。

病気してから欲張りになった。
病気してから自分に手をかけるようになった。
病気してから今日を終えるときに確認をするようになった。

病気してから
病気してから

病気してから色々と自分でも考えることも増えた。

でも。
でも思う。

癌がくれた贈り物、キャンサーギフト。
癌になって本当に自分が分かる。とか
自分らしくなった。とか
自分がもっと好きになった。とか

それでもなぁ。
ガンにならない方がいいと思うよ。

そう思う。
[PR]

by penguintankentai | 2008-07-04 15:39 | ひとりごと