「ほっ」と。キャンペーン

ぺんぎん日記

記録。
by penguintankentai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


初めてのことで。

伸ばしている髪が肩に触る。
やわらかいふわふわした不思議な感じ。
細い糸のすだれをくぐったときのようだ。

髪を伸ばしたことは今まで一度だけ。
5週で空に昇ってしまった小さな命が
生まれてくるはずだった時まで
他に無いも出来ないので髪を伸ばしたんだ。
あの時は心も重たくて
伸びていく髪が時に辛かったことを憶えてる。

あれから6年が経つ。
そしてまた同じくらいに髪の毛が伸びてる。

髪が生えなければ伸ばせない。
そんな簡単なことに気付かなかった3年前。
3週間毎にちょっとだけ伸びてはまた抜け落ちて
ちょっとだけ伸びては抜け落ちて。

6回。
繰り返した。
頭を剃って点滴に通った。

その後は毎週毎週。
恐ろしいほどに生えてこない髪。

カツラはほとんど使わなかった。
家に居たから出来たことだけど不自由だった。
体に無駄はないんだなぁと感じた。

伸びていく髪に
あれからの時間を重ねる。

初めて髪のさらさらが心地よいと思った。
何度も首をかしげ肩で髪を遊ばせている。
[PR]

by penguintankentai | 2008-05-19 17:26 |

おわりってのは。

時間が少ないんだなぁと考えると泣きたくなるし
これまでを振り返ると頑張ったよと思う。

この先は考えたこともない時間。

一から積み直すには時間が足りないと焦る自分は
ひよっこなのだと思う。

想像だけで憧れる何かに
つながる明日を自分は頑張っていけるのかな。

目の前をひとつ
その次をひとつ。

続く時間があるよ、と自分に言い聞かせながら。

振り返るあの時。
いつかくるその時を見つめてた友達は
今のあたしをどう見るのだろうか。

贅沢な時間を貰いながら悩むばかりでごめん。

明日がありますようにと眠った。
目を閉じるのが勿体なくて怖かった。
もうすぐ3回目の夏がくる。

夏は重たい。
これからもきっと重たいんだろうな。
[PR]

by penguintankentai | 2008-05-06 20:56 | ひとりごと

2006年5月。

悩んでた。
タキソールを最後残しているけれど
帰省しようかどうか。

娘のつるっぱげ、眉無し、まつげ無しを
親に見せない方がいいんだろうか。

それとも・・・。

色々考えたけど
自分がどうしたいか?ってことを優先して
帰省したんだったなぁ。

一度行きたかった八食センターに行き
某所の自由の女神を見て
馬を見に行く途中に某所の美味しいお肉を食べて
(肉を食べたのはあたしじゃないけど)
某所のソフトクリームを食べて。

あの時は
もう少しで解放されることが嬉しかった。

治療が終われば何かが変わるなんて思ってた。

確かに変わる。
病院との距離が開いて
自分の今まで過ごしていた生活に戻りつつ
追いつかない体力に悔しい思いをしてた。

傷が痛めば「再発か?」
腕が痛めば「失敗か?」
些細なことに一喜一憂しながら
新しい体と向き合う大変さを感じていた。

先は見えなくて。
夜眠るのが嫌で。

次の日がどうなっているのか想像もつかない。

明日があるのかな。
眠ってもし残したことを明日出来るかな。
続きの作業は終えてしまいたいし。

もうすぐタキソール終了から2年だ。

遠くて
ホントに遠くて
憧れるだけだった2年後という時間に自分が居ます。

感謝。
[PR]

by penguintankentai | 2008-05-01 08:12 | ひとりごと