ぺんぎん日記

記録。
by penguintankentai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


できないこと。

神という存在の定義。
というか。

祈ることを誰に?
誰に祈る?

祈ることが頼ること?

神って何?

説明できないのに祈りを捧げる?

色々もやもや。

あたしには
現実の自分と包んでくれる人が大切で
神という存在はその外に居る。

ココロに神を持つことで穏やかで居られるなら
その人にとって神という存在は良いと思う。

あたしのココロには
現実を生きることと
当たり前の普通を頑張ることと
出来ないことは出来ないことだと
それをどこまでのどういう形で折り合いをつけるか
諦めたり別な形で納得できたりとか

ねぇ。
神様。

あたしが話しかけるときは
たいてい怒ってるときだ。

勝手なあたし。

神が居るという考えがなければ
神という単語を知らなければ
あたしはここまで怒りが膨れあがることはない。

生きるために生きたいのに。

死後の世界なんか要らない。
天国に行くために生きたくない。

今を生きて
ただ生きて
それが続くことを願ってる。

祈りは要らない。
神も要らない。
[PR]

by penguintankentai | 2007-07-28 12:07 | ひとりごと

逃がすか。(追記あり・2007年12月4日)

と思いつつ。
ふとした拍子にぷっつり途切れる記憶。

図書館で三浦綾子さんの海嶺を探そうと
「ま~み」の作者表示の棚に近づき

OFF。

アタシ ナンデ ココノ タナニ キタンダロウ?
サガシテルノ。
ホンヲ サガシニキタノ。
カオリンガ ススメテクレタノ。
カイレイ ナノ。

棚の前で立ち止まり意識をもう一度。
もう一度辿るさっきの記憶。
記憶というにはあまりにも儚くて。
形無く既に消えてしまって

あぁ。
この前スーパーでもらったドライアイスみたいだ。
空気に紛れてどこかに消えてしまった。

アタシノ キオクハ ドコイッタ?
キエル マエニ ツカマエナクチャ。
モウイチド アタマノ ナカニ オサメナクチャ。
ホンヲ サガシテルノ。
カオリンガ ススメテクレタノ。
アタシ ヨミタイノ。
ドウシテモ サガサナクチャ。

背の高い幅広本棚の著者名をひとつひとつ辿る。
もしかしたら隠されてる記憶がこの中にあるかもしれないの。
必死で上から下までひとつひとつ著者名を読み始める。
最後まで読んだのに見つからない。

アルノ。
ココニ アルハズナノ。
ダッテ ダッテ コノタナ ナンダモン。
ドウシテ オモイダセナインダロウ。

半泣きでもう一度棚の上から下まで読む。

モウチョット モウチョットデ ワカルハズ。
ダッテ コノタナ ナンダモン。









あ。三浦朱門!
三浦朱門の奥さん!
誰?誰?誰???????

三浦綾子。

三浦綾子 海嶺 だっけ?
そうだっけ?

著者名はあるけど、無い。
本は一冊も無い。

捕まえた。
あたしの記憶。


(追記・2007年12月4日)
やっぱり記憶はおぼろげで
やっと思い出したらパートナーを間違えてしまいました。
三浦朱門さんの奥さんは曾野綾子さんでした。
悲しいなぁ・・・思い出すにも時間がかかりすぎて。
脳みそにもリハビリが必要なんだとつくづく感じています。
[PR]

by penguintankentai | 2007-07-02 14:04 |