ぺんぎん日記

記録。
by penguintankentai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


Eちゃん。

しんどい状況なのはなんとなく感じてた。
でも。お兄さまからのメッセであぁやっぱりなのかと。
力が入らない。

動物の森を教えてくれたのはEちゃん。
すっごい楽しそうだなーって思って。
ちょこの誕生日にはおすすめしたんだ。

動物の森の中では。
こんなに自由に走れるんだねって。
話したこと。

いつか通信しようねって約束したこと。

大好きだよ。って。
何回も言ったら届くかな。

今日からも治療があるって。
祈ることしか出来ない。

ぱーちゃん。お願いだよ。力をください。
[PR]

by penguintankentai | 2006-08-25 08:48 | その他

家族歴。




















乳房再建に逆行する個人的な話なので。
読みたくない人はここで終わってください。





















あたしは。
きっと。
他の胸仲間と微妙に温度差があるんだ。

家族歴だ。

みんな1回では済まなかった。
そのことがあたしの中にあるんだ。

このまま。なんて。
あたしの中には無いんだ。

いつか来るであろう2回目を。
待ってる訳じゃないけど。

でも。
このままおばーちゃんになることは。
想像できないんだもの。

今でも。
あの時の事を忘れない。
「アメリカあたりでは可能性を減らすためにね・・」
「何も無い方まで切っちゃう人も居るんだよ」
何気なく外部からの先生がおっしゃった。
「まぁ。。そこまでする必要は無いと思うんだけどねー」
先生は苦笑いしながら付け足したけど。

あたしは。
それをしてくださいと思いながら。
その時言えなかった。
でも。
この先の不安を考えたら。
今の1回で済ませてしまいたいとも思っていた。

こんなこと。
きっとみんな思わないだろうな。

あたしは。
家族歴に縛られすぎなんだろうか。
[PR]

by penguintankentai | 2006-08-21 22:38 | へそまがりん

薬が抜けていく過程を説明してくれないんだなぁ。

てゆうか。
先生にもきっと説明できないような感じなのかもしれない。

タキソールの最後あたりから始まった手足の痺れが。
未だに続いてる。

痺れの質は変わっていくけど。
結局は痺れて、強張って。
関節は痛くて曲がらないし。
拳が作れないし。

先日の病院の定期検診では。。。
採血の時の拳が出来なくて何とも惨めな状態だ。
まぁ。軽く握ることは出来るんだけど。
術前術後の握力を計っておけば良かったなぁと後悔。

髪の毛は今高校球児スタイル。
もう毛染めしてもいいよって言われたけど。
地肌が染まってしまいそうなためまだやってない。

薬が入るときは。
こうゆう副作用が考えられますよって説明があった。

薬が抜けていく時。
どうゆう風な過程を経て戻っていくのか。
それが分からないという今。

自分が記録しておく事しかできない。
仲間にそれを伝えること。
それぞれが得た情報を交換すること。

結局は本人がどうしたいかなのだ。

痺れが抜けますよなんて。
いつなの?どうゆう風に無くなるの?
関節が痛むのは何故?指が強張ってるのはなんで?

朝。
出かける娘のおにぎりが握れない自分が。
どれだけ悔しく情けないか。

生きてるだけ儲けもん。なんて。
そうじゃないんだと思うのは。
あたしがまだ危機に立たされていないのか。

出来る間しか出来ないと知ったから。
出来そうなことしたいんだ。

おにぎりは△のおにぎり型を使った。
仕上げはだんなにお願いした。

目に見える副作用より。
見えない副作用が辛い。

良くなっていくはずだと。
言い聞かせるけど。
まだ信じられないさ。
[PR]

by penguintankentai | 2006-08-09 09:42 |